一人暮らしでもウォーターサーバーを!

安心な生活と安心な飲み物

ウォーターサーバーは、ここ数年で目覚ましい成長を見せてきた商品です。もちろん、水の美味しさや安全性を求めて利用している人も多いですが、実はこのウォーターサーバーは「備蓄」の面からも利用を始める人がいる、というのも事実です。

 

近年、さまざまな自然災害を経験している日本にとって、この「備蓄」というのは、一人一人の意識を確実に高めてくれるものでした。おしゃれで高級志向のイメージが強いウォーターサーバーですが、「備蓄性」という面から見ると、これはなにも若い世代に限定したものではなく、むしろ一人暮らしの高齢者にも最適なものだということが言えると思います。災害時の飲み水の確保は、食料の確保以上に大変な事です。因みに、ある調査によると、災害時に確保しておきたい水の量は一人当たり一日2リットルとのこと。つまり、水だけで言うならウォーターサーバーのタンク一つあれば3日は大丈夫ということです。

 

もし、あなたの親が一人暮らしで遠方に住んでいるなら、万が一災害があった場合に、すぐに近くに行って助けることはできません。でも、少なくとも水さえあれば大きな安心材料になるのではないでしょうか。備蓄の考えは、保険の考え方と似ています。「もしもの時」に備えるお水。ウォーターサーバーのちょっと違った見方です。